テニス中級者必見!!  フォアハンドストローク打点を安定させる5つの鉄則

・ フォアハンドストロークの打点が、なぜ安定しないのか

・ フォアハンドストロークの上手くいかない原因が知りたい

この悩みを解決できることで、

・ゲームで、ここ一番でミスを減らすことができる

・ゲームで主導権が取れる

 

フォアハンドストロークは、ゲームを攻撃的主導権を握るために必要なショットです。

ぜひ、ショットを安定させ、『主導権の握れるテニス』を目指してください。

 

テニスコーチ歴27年、年間延べ1万人の指導している 『できないをできるに変える』

テニスコーチ秋山がお答えします。

 

 

打点が安定させるための5つの鉄則

打点を安定させるための5つの鉄則

鉄則1 両腕をカラダから離して構える

鉄則2 カラダをターンさせて準備する

鉄則3 打点に必要な本当のボールとの距離を知る

鉄則4 正しい眼の使い方

鉄則5 鉄則1~4を合わせて、タイミングを取る

 

 

打点が安定させるためには

 

鉄則1 両腕をカラダから離して構える

 

 

お尻を突き出して、ゴリラみたいに構えることです。

これができることで、腕が自由に使えるからです。

腕が使えれば、速く走ることができます。

速く走れれば、ボールに追いつくことができます。

速く追いつければ、打点に入りやすくなるということです。

 

そのために、両腕の前を空けて構えることが必要です。

 

 

鉄則2 カラダをターンさせて準備する

 

 

ラケットの準備の方法です。

ボールが飛んできたとき、カラダを『回して』ラケットの準備をします。

そのためには、先ほどお話した『構え』が必要になります。

この『構え』は、腕がカラダから離れているので、カラダを回して準備できます。

 

なぜ、この準備にするのか?

① 打点までのラケットの距離が短いこと

そのため、振り遅れは少なくなり、打点は安定しやすいです。

 

② カラダを回すことで、カラダのひねり、戻しができる。

カラダをひねり、戻しで、エネルギーを生むことができます。

エネルギーを生むことで、スウィングにパワーを生むことができるのです。

 

 

鉄則3 打点に必要な本当のボールとの距離を知る

 

ボールを追いかけるとき、利き手と非利き手の最初の正しい場所が大切です。

そのために、カラダの前に両腕がないと、この動きはできません。

 

ボールと自分との距離は、軸足とボールとの距離間になります。

 

軸足とは、利き手側の足になります。

右利きの方は、右足ということです。

 

この軸足とボールとの距離間を測る『ものさし』は、非利き手になります。

 

右利きで説明します。

 

ボールが来たら、腕はカラダの前の状態で、カラダをひねります。

 

この状態で、『ボールの落下地点より後ろ』に動きます。

 

この『ボールの落下地点より後ろ』が難しいのです。

 

① 自分のカラダの右側のどこにボールが落下するのか?

なんとなくボールを追いけると、その都度変わってしまいます。

そのために、『ものさし』変わりに左手を使い、

『左手からどの位の距離間にしたらよいか?』これを知ることができます。

 

② 上記の距離間で、ラケットの長さを考慮に入れることです。

軸足とボールとの距離間は、右足との距離間です。

この右足の距離間を決めるときに、『ラケットの長さ』を考慮しなくてはいけないのです。

打点が近くなる原因の一つが、ラケットの長さを考慮していないになります。

ラケットの長さは、27インチ(約68.5センチ)

 

 

鉄則4 正しい眼の使い方

右利きであれば、右目を使います。

構えの時は、相手に対して正面を向いています。

ボールが右に来たら、右へカラダをにひねります。

その時、顔も右へ向くために、左目がネット側に来ます。

その左目でボールを観るようにすると、ボールとの距離間が正確になります。

これを、両眼で観てしまうと、ボールとの距離が近くなります。

この2つの見方、実際試してみてください。

明らかに違います。

 

 

鉄則5 鉄則1~4を合わせて、タイミングを取る

鉄則1 両腕をカラダから離して構える

鉄則2 カラダをターンさせて準備する

鉄則3 打点に必要な本当のボールとの距離を知る

鉄則4 正しい眼の使い方

 

この4つを試してみてください。

ボールとの距離間は、正しくなります。

あと一つしなくてはいけないこと。

これが、タイミングを取ること。

 

ボールは、毎回同じスピード、コースに来るわけではありません。

そのため、鉄則1~4の動作を正確にして、タイミングを取ることが必要なのです。

 

具体的なタイミングの取り方です。

 

ボールが落ちたら、  『イチ』

打点が当たる時   『ニー』

 

のタイミングで打つのです。

 

この『イチ、ニー』ができると、タイミングが取れます。

 

『イチ、ニー』だけでタイミングが取れるなら、良くないですか?

 

ぜひ、試してくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

大人からテニスを始めた方に有益な情報を発信していきます。

 

応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です