即矯正して、安定バックハンドボレーマスター

こんにちわ。

現役テニスコーチ秋山です。

うちのテニススクールで苦手NO1がこのバックハンドボレーです。

難しく感じるポイントは、利き手が前にあるため、

日常生活で使わない動きをするから、難しく感じてしまいます。

このイメージをうまく克服して掴んでもらえれば、安定した得意ショットに変わります。

目次

1 バックハンドボレーのつまずくポイント

2 バックハンドボレーのイメージ

3 上達間違いなし、矯正法

1 バックハンドボレーのつまずくポイント

バックハンドボレーのつまずくポイントは、普段使わない動きがあるということです。

動きのイメージとして、障子を開けるときは、手のひらにむかって閉めますよね。

手の甲に向かって閉める感じが、バックハンドボレーの動きのイメージです。

この動きは、日常生活ではありません。

そのため、イメージしにくいのです。

2 バックハンドボレーのイメージ

先ほど話した、障子を手の甲側から閉めるイメージです。

もう少しわかりやすく説明すると、

『盆踊りの、 ちょちょんがちょん 』です。

テイクバックで肩甲骨が開いていて、

インパクト時に肩甲骨が閉じるです。

3 上達間違いなし、矯正法

球出しをしてもらって、左手でテイクバック時のラケット面に合わせてください。

そこから、インパクトに向かってラケットを動かします。

これだけで完成!!

フォアハンドボレーより、安定するのは早いですよ。

是非、お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です