大阪なおみ選手、優勝の裏側には‥ 心編

こんにちわ。

秋山です。

大阪選手優勝しましたね。

ランキングも17位から、7位まで上昇しました。

これほど早くに優勝するるのは、だれも予想してなかったことでしょう。

色々なハプニングもありましたが、そのチャンスを活かした大阪選手の

実力だと思います。

今回の優勝について、我々アマチュアプレイヤーも生かすことができないか?

この視点で考えていきたいと思います。

 

~テニスに対して、目的が変わった~

『負けないテニス』を目的にするか、『自分の好きな気持ち良いテニス』をするか?

 

大阪選手は、テニスを『仕事』と捉えてプレイをはじめたことです。

彼女をインタビューから

『私は、プロのコックさんになったの。コックさんは、一品一品丹精込めて

料理をするでしょう。私は、一打一打魂込めて打って、おいしいテニスを作っているの。』

このような考え方に変化していきました。

以前の大阪選手は、どんなボールも100%の力で叩き、エースを取りに行くテニスでした。

今回は、場面場面で必要なショット彼女の言葉で『ガマン』のテニスをしました。

言葉を変えると、『自分の理想のテニスを貫く』から、『勝負に負けないテニス』

に変わったことです。

皆さんもありませんか?

1本のミスにこだわってしまい、調子を崩しそのまま負けてしまう。

大坂選手もそのようなプレイをする選手でした。

 

その大阪選手を2017年12月から就任したバインコーチより、

『テニスの勝ち方』を学びました。

選手の個性を認め、対話を重視する指導法です。

『すべてを強打する必要はない。なおみの普通のストロークで世界はとれるよ』

と、決っしてマイナスのコーチングをしなかったそうです。
ここから、一般のプレイヤーも普段より、
『いいショットを打てて、いい練習だ』
『なんでこのショットが打てないんだろう。』
この考え方から、
『無理せずあのコースに我慢して売ってみようかな』
『まずラリーを続けよう』
この考え方に移行してみましょう。

皆さんの試合での勝率は、必ず上がります。
是非、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です