失敗しないテニスシューズの選び方

こんにちわ。あっきーです。

テニスをしていて、膝がいたいなぁ。

腰が痛いなぁ。

こんな経験ありませんか?

あなたに合っているシューズを選ぶだけで解決してしまうかも。

今回は、『あなたに合う』をキーワードにお話ししていきます。

現場からの視点でお話ししますね。

 

1 あなたに合うシューズの選び方

① あなたは、足の筋力がありますか?

 筋力がある方…シューズをつま先とかかとをもって、捻じってみて下さい。

 『ガチッ』としているものを選んでください。

足は、かかとの外側⇒親指に、力を伝えて足を出していきます。

そのため、筋力に合わせた『捻じりの力』を選びましょう。

筋力のない方…上記と逆に、『やわらかいもの』を選んでください。

② あなたのテニスどれくらいできますか?

軽いほうが初心者には良いとよく言われています。

逆です。

なぜ、重くなるか?

色々な機能を付けてしまうからです。

初心者の方は、テニスの動きに慣れていません。

そのため、テニスシューズがあなたのカラダを守ってくれます。

上級者は、シューズの機能がなくてもテニスの動きができます。

まとめると  初心者 … 重めで、クッション性あるもの

       上級者 … 自分のテニスを邪魔しないシンプルなもの

 

2 選ぶポイント

① かかとがしっかりしたシューズを選ぶ

シューズのかかとの部分で人間の足を保護しています。

アキレス腱の形と、シューズの当たる部分があっているか確認してください。

② シューズの裏(アウトソール)を下にして、つま先とかかとをもって、折ったとき

⇒ 2/3のところが曲がるものを選んでください。

足の曲がる部分と、シューズの曲がる部分を同じにしてください。

絶対に、真ん中から割れてしまうシューズは選ばないでくださいね。

③ 足幅(足囲)と、長さ(足長)を合わせてください。

シューズの中に入っているインソールを取り出してください。

その上に、かかとを合わせて乗っかってください。

インソールからはみ出さなければ、大丈夫です。

 

3 快適テニスを

シューズは、あなたのカラダを守ってくれるものです。

シューズを消耗品ととらえるようにしてください。

はやめ、はやめの交換をお勧めします。

けがをしてからでは、遅いですよ。

新年から、新しいシューズでテニスしましょう。

あなたのテニスを応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です