言葉一つ変えただけで、練習の成果を上げる秘密

テニススクールで、一生懸命頑張って練習しているのに、成果が出ない…。

友達にも抜かれてしまった

どうやったら、簡単に成果が出るのだろうか?

簡単に成果が出る方法が知りたい。

こういった疑問に答えます。

1 言葉一つ変えただけで、上達を助ける。

2 上達することで、テニスがどのように変わるか?

 

この記事を書いているのは、
テニスコーチ歴 27年
1年間延べ1万人の生徒さんを観ている
現在フリーのコーチとして活躍しています。

実際のレッスンを通じて、簡単に上達するための極意を解説していきます。

1 言葉一つ変えただけで、上達を助ける。 

結論として、自分の課題に意識を集中させる事が上達の秘訣になります。

なぜなら、上手くいかない人は、『今できないことの意識を向けている』から、『できない』という言葉を使います。

□体験談 : レッスン中アルアル

レッスン中、この言葉に聞き覚えがありませんか?

『わたし、このショットできないのよ』
『わたし、バックハンドが苦手なんです。』
この言葉を言った後、うまくいったことありますか?

□改善案

しかし、ある生徒さんに言葉を変えてもらい、バックハンドストロークのレッスンをしてみました。
そうしたら、すぐにバックハンドストロークの成果が出ました。

□生徒さんからの質問

生徒さん:本当に、言葉を変えただけで、本当に上達するんですか?

コーチ:はい、言葉を変えただけで、上達します。

なぜなら、うまくいかない人のパターンは、うまくいかないことを言葉にするからです。

上手くいかない人は、『上手くいかないこと』に意識を集中させえており、脳もその意識の
行動をさせるようにカラダを動かせます。
上手くいかないため、より色々なことを考えすぎて結果が出なくなります。

□言葉を変えることで、意識が具体的な部分に向くと、上達します。

言葉をどのように変えるか
この二人にバックハンドストロークのレッスンをしました。

・Aさん (テニス歴5年中級)
『できない』『苦手なんだよ』の『結果』を意識させたままレッスンをする

・Bさん (テニス歴3年中級)
結果はどうでもいいから、『最初の一歩目の左足の出し方』だけ意識してと、『プロセス』に意識を置いた。

この場合、Bさんの方が上達に近づいた。

なぜなら、Aさんは最初から『完璧なバックハンドストローク』が打てるように、
色々な事に意識を奪われてしまいます。
結果、『テイクバックを速くしなきゃ』
『足を動かさなきゃ』
『打点を合わせなきゃ』

一気にすべてのことを詰め込もうとしてしまうため、カラダがぎこちなく動き、自分で良くわからなくなって
しまい、上達が遅くなってしまいます。

対して、Bさんは、一点集中。
『最初の一歩目だけ』に意識を集中してもらいました。
最初は、今まで意識してなかったので、カラダの違和感満載で、うまく打てません。

しかし、数を打っていくと違和感が消えて普通になってきます。

そうすると、
『今までのバックハンドストロークのスキル』と、

『新しい最初の一歩目のスキル』が

融合ことで、新しいバックハンドストロークが生まれます。

そのため、バックハンドストロークが上達します。

『できない』などの言葉を言っているときは、ショットの結果に意識が向いています。
それを、今集中しなくてはいけないこと=プロセスに意識を強制的に向かせます。
言葉を変えることで、『今すべきこと』に集中できるようになります。

2 上達することで、テニスがどのように変わるか?

結論として、上達する=ショットが安定することで、ゲームが楽しくなる。

□なぜゲームが楽しくなるか?
ショットが安定してくると、ゲーム中に余裕が生まれてきます。
相手があそこにいるから、ここに打とうなど、『ゲーム感覚』が作動していきます。

こんな経験ありませんか?
何となく試合をした方が、調子が上が良い試合ができた経験。

これは、ゲームをしているとき、ショットのことは何も考えずに、ボールだけ追いかけて
集中する状態になることでうまれます。

ショットを考えながらゲームはできない。
だから、『一つ一つ課題に意識したショット練習すること』が大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です