ライバルに差をつけるフォアハンドストローク

こんにちわ。

現役テニスコーチ秋山です。

フォアハンドストロークが打てると、ゲームでは有利ですよね。

実際のレッスンでも、同じことを伝えています。

目次

1 なんでフォアハンドストロークが難しくなってしまうのか?

2 よくあるフォアハンドの失敗例

3 一発逆転、フォアハンド矯正法

 

1 なんでフォアハンドストロークが難しくなってしまうのか?

フォアハンドストロークは、利き手で打つことになります。

そのため、すぐにボールを打つことは可能です。

難しいのは、フォアハンドストロークを打つ時に利き手が後ろにありますよね。

その後ろの手を、体重の移動と同時に手(ラケット)が遅れて出ていきます。

その時、

・打点に対してずれた状態でインパクトしてしまったり、

・力みすぎて脇が締まりすぎてしまい、ラケットの軌道が変わってしまったり

・インパクト面が変わってしまったり

などなど、最初は打てます。

しかし、安定させていくためには、とても難しいショットとなります。

プロプレイヤーでもフォアハンドストロークは、試合後しっかり練習していますよ。

 

2 よくあるフォアハンドの失敗例

テイクバック時の手首の形です。

ここがしっかりしていないと、ラケットワークがくるってしまいます。

ラケットワークがくるうと、インパクト,フォロースルーもくるってしまいます。

ここがポイントです。

『インパクト時の手首の形』と、『テイクバック時の手首の形』が同じであることが条件です。

3 一発逆転、フォアハンド矯正法

両手フォアハンドストロークで打ってみてください。

打ちにくいと思います。

その状態で、カラダ全体で打つことができれば、完成。

細かな話は、省略しますが、すぐに結果が出ます。

 

フォアハンドストロークが打てると、ゲームを有利に組み立てることができます。

是非、この機会にフォアハンドストロークを見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です