フォアハンドボレーの基本

こんにちわ。

現役テニスコーチ秋山です。

フォアハンドボレーキレイに決めるとかっこいいですよね。

しかし、なかなかキレイに打てるフォアボレーが打てる方は少ないですね。

今回は、フォアハンドボレーの基本についてお話ししていきます。

 

1 フォアハンドボレーの陥りやすいポイント

肩甲骨中心のスウィング  (面が安定して打つことができる』

手首中心で打ってしまう  (面がぶれてしまう)

手首を使ってしまうことが、ミスを誘発しています。

2 矯正方法

球出しで、非利き手で、利き手の手首を押さえて打ってみてください。

そうすると、利き手の手首が固定されます。

3 総合練習の時、気を付けること

手首が固定されると、ラケットが振りにくくなります。

そこで必要になるのは、足でのタイミングを取ること。

下半身の体重の移動でタイミングを取って、それに合わせてラケットスウィングすろ。

これだけで、確率UP.

是非、簡単なのでおためしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です