大阪なおみ選手、優勝の裏側  ‥カラダ編

こんにちわ。

秋山です。

大阪選手から『ガマン』という言葉がインタビューで発言しています。

ガマン=集中

メンタルにフォーカスしています。

メンタルだけを良くしようとしても中々うまくいきません。

そのため、大阪選手は、肉体改造にも着手しました。

 

スポーツは、心技体と言われます。

大阪選手は、『技』を持っています。

180キロサービス

強烈なフォアハンドストローク

深く膝を曲げて打つ両手バックハンドストローク

 

しかし、その『技』を活かすためには、

 

ボールに早くしっかり入り、何度も何度も打ち返す『体力』。

 

昨年オフに徹底的なトレーニングに励みました。

トレーニングで7キロの減量に成功。

絞ったカラダで動きが警戒に。

カラダの軸も安定し、ミスも減っていきました。

 

選手が実際肉体改造をする難しさは、改造することで『テニスが変わってしまうことです』

 

これを成功させたのは、選手、コーチ、トレーナー、家族 このチームでの連携の勝利です。

 

また、この『体力』を手に入れるためには、『心』も必要になります。

トレーニングは、1日やったから成果が出るわけではありません。

『継続』が、命です。

その『継続』するためには、自分の目標達成のための『心』が必要になります。

人間なので、『今日は練習したくないなぁ』

このような気持ちになることも度々あるはずです。

その気持ちに打ち勝っていくためには、『目標達成のために粘り』が必要になります。

クリアしていくと、『体力』のトレーニングしていても、『心』も

トレーニングされて、『体力』『心』も成長していきます。

 

テニスは、 『心』『カラダ』『体力』があって、強い選手になれるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です