今自分の持っている武器を理解して、簡単上達 カレーを作るのと同じ

 

テニスを上達させて頑張りたいけど、何をどのようにしたらよいかわからない。
頭の中がぐちゃぐちゃで、新しいノウハウを聞いたら、上達するのではないかと考えている。

テニスコーチ歴27年、年間延べ1万人を指導している
『できないをできるに変える』テニストータルデザイナー秋山が解説していきます。
よろしくお願いします。

1 今自分の持っている武器を理解する

2 その武器をどのように使うか?

 

1 今自分の持っている武器を理解する

一生懸命、テニスを練習している人は、この部分を忘れがちです
『今自分のテニスは、客観的にみてどうかを現状分析して、どのように戦いたいか?』

上記がない状態で練習をしていくと、
頭がぐちゃぐちゃだったり、
新しいアドバイスを手に入れることが目的になり、テニスの迷子ちゃんになる。

カレーライスを作るを例にして、テニスと比較してみます

・カレーライスを作る手順
おいしく作れない人は、多分この調味料必要だから、この位入れておこう。
よくわからない味になったり、今日はおいしく作れたけど、次作った時は、違う味になる。

おいしく作れる人は、クックパッドなどで、こんな感じのカレーを作る場合、材料、量、手順を
調べる。

まず実際その通りに作ってみてから、もう少し何かを足そうとします。
これば、うまく作れる人です。

テニスと料理を比較してみましょう。

~チキンカレーライス~
《料理の中で何を作くるか?》
カレー

《材料は?》
にんじん
じゃがいも
チキン
カレーのルー
たまねぎ
リンゴ

《手順》
野菜を切る

チキンを炒める

野菜を炒める

お湯を沸かす

炒めたものを入れる

ルーを入れる

《追加・改善》
味を調えるために、調味料を入れる
家にチキンしかなかったので、次回はポークを試す

 

~テニス~

《テニスのプレイスタイルは?》
ベースラインからネットに出る攻撃パターンを作る

《自分のテニス分析》
フォアハンドストローク…トップスピンが得意
バックハンドストローク…苦手打点が遅れる
ボレー…バックボレーが振ってしまう
スマッシュ…それなりに打てる
サービス…ファーストとセカンドを打ち分けれる
リターン…フォアハンドが得意

《戦略》
相手のサービスが、自分のフォアハンドに来たら、
リターンから、ネットを取る。
センターにリターンをして、ペアにワイドにポーチを出てもらい、ポイントを取る。

《改善》
リターンの後のスプリットステップのタイミングを早くする

 

カレーであれば、クックパッドで調べてから、まず実際作ってみる。
そこから、もう少しこうしたいなぁなど改善があれば、次回改善する。

 

テニスも同じ。
今あるテニスで、どのように戦いたいかを考え、実際プレイする。
そのプレイから改善する部分があれば、改善する。

 

しかし、テニスが上達しない方は、
まず自分の良い部分、悪い部分を知らない。
少し失敗したら、なぜ失敗したのか?
失敗した原因追及をしてしまい、良い部分も出なくなり、ボロボロになる。

 

まず、自分の今持っているもので、楽しんで戦ってみる。
そこで、自分のプレイスタイルを貫くために、何を改善するかを知る。
改善部分は、感情から考えるのではなく、
自分のプレイスタイルを貫くために必要な部分を優先して改善する。
そうすると、必要最低限の改善になると思います。
これを感情で、色々つけ足しては、テニスがぐしゃぐしゃになります。

 

2 その武器をどのように使うか?

テニスは、ゲームです。
決して、ショットを覚えるためにプレイする事が目的ではありません。

まず、ゲームを覚えるためには、自分の長所を活かして、どのように戦うかを考える必要があるのです。

テニスアルアルですが、
自分のショットは、ここが弱いから何とかしなくてはいけない。
しかし、実際ゲームをしてみると、その弱点は全体のゲームの数%。
良いところをもっと伸ばした方が、良いゲームができています。
しかし、当の本人は、この数%のできなかった所が、気になって気になってしょうがなくなります。

木を見て、森を見ず
になってしまっています。

森をイメージして、木を見ましょう。

最後までよんでいただきありがとうございます。
皆さんの上達に少しでもお役に立てばと思います。

また次回お楽しみにしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です